logo
 
病院紹介 治療システム 乾癬情報 アトピ-情報 相談/コミュニティ 予約&?院方法 商品情報/料金案内 リンク
オンライン相談 l コミュニティ/体験談 l 克服手記
相談/コミュニティ
治療システム
オンライン相談
コミュニティ/体験談
克服手記
予約問い合わせ
予約問い合わせ
お問い合わせ
地図 診療時間 予約 良くある 質問
コミュニティ/体験談  
題目 トウモロコシの襲撃
作成者 ハマクリニック 作成日 2011/03/04
添付  

?容

トウモロコシの襲撃 
                  (2010年10月にSBSで放送された内容)


我々の健康に欠かせないオメガ3のバランスを崩したのはトウモロコシであった!

オメガ3とは不飽和脂肪酸の一種。人間の体内では作ることができない栄養素で、マグロやサバなどの魚が持っているもの。オメガ3は細胞が正常に機能するためには不可欠なものである。特に、悪玉コレステロールを分解し、血液をサラサラにする効果がある。

私たちが普通に食べている乳製品と肉類。それらは元々草を食べるはずの牛と豚に安い飼料であるトウモロコシを食べさせた結果、オメガ6が過度に含まれるようになったものである。それらの加工食品(肉類、卵、牛乳、チーズ、バター等)により栄養のバランスが崩れ、言わば生活習慣病を引き起こすコレステロールの値が高くなり、血管が狭くなるという悪影響が生じた。体にいいと言われて食べていた牛乳などの乳製品と肉類等が、トウモロコシの襲撃を受けて逆に我々の体を悪くしてしまったのである!

白血病にかかった看護婦さんと皮膚アレルギーを持っていた中年女性が病気に勝ち抜いた秘訣は草を食べさせた牛から搾った生牛乳を毎日飲んだこと。
オメガ3が豊富になった牛乳が白血病と皮膚アレルギーを治したというより、牛乳を飲むことにより体にある悪い菌に勝ち抜ける体質に変わったと見なせばよい。

そのため草だけ食べさせて牛を飼う牧場が増えているが、それはまだ1%未満に過ぎず特に韓国では断然草が足りないため草だけで家畜を飼うのには力不足である。
ここでアンデス地方のトウモロコシを主食にする村落を尋ね、彼等の健康状態をチェックしたところ、トウモロコシを主食にしているのにもかかわらず、全く異常がなくむしろ健康であった。どうしてそうなったのか?!トウモロコシのオメガ6に負けないほどオメガ3の豊富な「チア」という穀物を一緒に食べることによって彼等は栄養のバランスを保っていたのである。一体、オメガ3の役割がどれほど大事なのでトウモロコシの襲撃を受け止められるのだろうか。

一つの臨床実験を行ったところ、その結果は驚くべきものであった。12名の人に一般のスーパーで購入した輸入した牛肉を配り焼いて食べてもらってから翌朝に血液検査をしたところ、コレステロールの値がぐんと上がっていた。今度は12名の人に草を食べさせた牛肉を配って焼いて食べてもらってから翌朝に血液検査をしたところ、コレステロールの値が著しく下がっていた。同じ肉を食べてもトウモロコシを食べた牛の肉と草を食べた牛の肉がこのように違うとは!これがこの番組で語ろうとした趣旨ではなかったのだろうか。アンデス地方にトウモロコシと一緒に食べるチアがあれば、韓国にはチアのような役割を果たしてくれる穀物であるエゴマ(荏胡麻)がある。エゴマは全体脂肪の中で不飽和脂肪酸オメガ3の含量が54%でコレステロールの低下、脳機能促進、記憶力促進、人体細胞保護等によい栄養素である。オメガ3が豊富な食品としてはエゴマの他に青物(魚)をはじめ亜麻種、クルミ、ピーナッツ、ほうれん草等がある。


出所:SBS特集番組「トウモロコシの襲撃」より


   
 
 
logo Copyright 2005 HAMA Psoriasis Center. All right reserved SUKJUNG B/D 1544-3 SEOCHO-DONG, SEOCHO-GU, SEOUL, KOREA TEL: 82-(0)2-525-2686
地図 診療時間 予約 良くある 質問